From Pollica to Okinawa

教育やイノベーションが地域社会に貢献するとき

ワリダ・イマリーシャ (Walidah Imarisha) は2015年にこう残しました。 「全ての組織はサイエンス・フィクションです。組織を作る人が貧困や戦争、国境や刑務所のない 世界を想像することを私たちは、サイエンス・フィクションと言うことができます。可能性や現実的 な枠組みを超え、不可能と言われる範囲まで想像をし、動いているのです。このような新しい世 界を集団で夢見ることがきるということは、そのような新しい世界を私たちで創り出すことができる ということなのです。」

もし私たち人間が、世界をグローバル社会として世界を繁栄させ、未来の世代まで生命を続けて いきたいのならば、私たちが現在当たり前としている開発パターンを、大幅に元に戻さなければ いけないことは明らかになっています。未来の明日をどのように生きたいのか、今デザインする、 クリエイティブな努力が必要なのです。

統合的に生態系を再生するインテグラル・エコロジー再生モデル (Integral Ecological Regeneration) を取り入れることは、個人、コミュニティ、村、巨大都市など、全ての人にとって重 要です。インテグラル・エコロジー再生モデルは、さまざまな生態系において適切なバランスを見 出し、体系的に考え行動し、私たちがとる全ての行動を、包括的な繁栄の創造に方向づけること です。

Read more here.