FUTURE FOOD INSTITUTE

気候変動はフォークの先にある 

About

Future Food Instituteは世界の食糧システムの教育と革新を通じて、地球上の生命を持続的に向上させるために、指数関数的なポジティブな変化を起こすことを目的としています。 

Future Foodは、次世代のチェンジメーカーを育成し、コミュニティに力を与え、政府や産業を巻き込んで実用的なイノベーションを実現することで、持続可能な開発目標(SDGs)の達成に向けた前進のきっかけとなることを目指しています。 

食は生命であり、エネルギーであり、栄養でもあります。そして価値観、文化、アイデンティティの伝達手段でもあります。食は社会性です。食べることは人間にとって不可欠な活動ですが、今日では、意識することと自覚することが必要です。

Sara Roversi, Founder & President, Future Food Institute

存在意義

食は人間の生活のあらゆる側面に触れる普遍的な言語です。しかし、私たちが食べ物を生産し、変化させ、流通させ、市場に出し、消費する方法は人間や地球の健康にとって、もはや持続可能なものではありません。 

私たちは以下の3つの危機に対処するために、新しいモデル、考え方、アプローチを必要としています。 私たちが直面している危機は、気候変動、極度の貧困、食事に関連した健康問題です。 

ここで、私たちの出番です。 

動画再生

年間効果

0
企業イノベーション商品
0
ハッカソンでのプロトタイプ
0
出版物
0
レッスン・ワークショップを開催した時間
0
対面イベント参加者

人々、地球、 そして繁栄。

全ては繋がっています。インテグラル・エコロジーとプロスペリティ・シンキングのアプローチの背景にある哲学は、世界の食糧システムの複雑さと、万物と万人を繋ぐ食料のユニークな役割を要約しているのです。 

私たちのプロスペリティ・シンキングのアプローチは、経済成長だけでなく、社会的、環境的な豊かさも含む包括的な繁栄の概念を共有し、より良いフードシステムをデザインすることを可能にします。

活動内容

Future Foodは、アイデアと人々を、最初の認識から行動と実行へと段階的に導くよう設計された、相互に関連する活動を通じて、変革の使命を果たしています。

コミュニティ・アウトリーチ

教育・トレーニング

パートナーコレクション・コラボレーション

研究・開発

イノベーション・プロトタイプ

カタリスティック・リーダーシップ

グローバルエコシステム

世界各地にオフィス、リビングラボ、イノベーションはぶ、アンバサダーがあるFuture Foodのエコシステムは、コミュニティを結びつけ、アイデアを生み出し、フードシステムのバリューチェーン全体で行動を起こすための独自の立場にあります。

新着情報

未来を創るには、過去から学ぶことが必要です。

2021年にFuture Foodが知識、コミュニティ、イノベーションの活動を年次報告書を通して、私たちがどのように"Be the Change"に努めたかご確認ください。

FUTURE FOOD NEWS

Trame Mediterranee Blue Edition Kick-Off

Covering two-thirds of the Planet, seas and oceans are the true blue gold of our communities, natural ecosystems, and economies, both local and global.   Celebrating the fourteenth World Oceans