体験型学習アプローチ

学習アプローチ

Future Foodの学習アプローチは、デザイン思考、メンターシップ、チャレンジベースの課題、創造性スプリント(ハッカソン)に焦点を当てています。これらは全て「繁栄」の哲学に支えられており、地球が望むものを作り上げます。

価値観の基礎から考え直し、複雑さを受け入れ、機会を求める、新世代の気候に敏感なリーダーをトレーニングします。

具体的なプロジェクトや現実の課題を通して学ぶことで、本質的なニーズの理解だけでなく、共同設計や他者との学び合いの力も身につけることができます。

現在、私たちが直面している課題を解決するためには、新しいアイデア、新しいアプローチ、そして新しいマインドセットが必要です。

プロスペリティ・シンキング

プロスペリティ・シンキングとは、経済的成長だけでなく、社会的、環境的な幸福も含む、包括的な繁栄の考え方を共有し、より良い食糧システムの設計を可能にすることを目的とするアプローチです。

プロスペリティ・シンキングは、デザイン思考の進化系 でありたいと願っていて、ユーザー中心のデザインから、人間や地球を中心とした成長へと進化する思考法です。

ハッカソン

ハッカソンは、「クリエイティビティ・スプリント」とも呼ばれ、短期間に複数の人々が協力して問題に取り組むものです。新しいソリューションを開発する方法として、さまざまな分野で利用されている革新的なツールです。 

Future Foodの多くのトレーニングは、参加者がチームを編成し、特定の課題に取り組むことでクライマックスを迎えます。デザイン思考やその他のイノベーションツールを使って、与えられた課題に対する独自のソリューションを開発する方法を、グループごとに学びます。各チームは、ベンチマーク、アイデア出しをメンターの指導を受けながらこなし、最終的にプロトタイプを発表します。

これらのハッカソンは、参加者が学んだことを総合的に判断し、実際の課題に適用するための集大成となる体験です。 

ハッカソンの課題と解決策の例

課題

地元の農家や生産者が、金融リテラシーや情報へのアクセスなどの障壁を乗り越え、より良い水管理法を取り入れるにはどうしたら良いでしょうか? 

解決策

FarmCastersは、地域の気象データと予測ネットワークを拡張し、反復的な市民科学を通して、小規模農家の適応能力を高め、小規模農家が繁栄するために必要なデータを提供します。 

課題

消費者と気候への影響との結びつきを強めるにはどうしたらよいでしょうか? 

解決策

Food Visionは、気候変動対策と食糧安全保障のイノベーションを奨励するために、草の根レベルで各地域で行われるコンペティションを行い、インパクトを与えています。 

課題

食品バリューチェーンにおいて、一次元の経済成長指標から、人間や地球の幸福に重きを置いた意識転換を、どのように促進したら良いのでしょうか? 

解決策

Food Planetは、世代を超えたコラボレーションを促進し、気候変動に関する教育を提供しています。8歳から13歳の子どもと、その家族を対象とした、バーチャルリアルティ体験ができる複合型学習プラットフォームです。 

メンターシップ

Future Foodはグローバルなネットワークを通じて、参加者と関連する専門家、起業家、活動家をつなぎ、1対1の対話を行います。メンターはアドバイスをしたり、他者への紹介をしたり、フィードバックをしたり、あるいはただ単に興味深い会話をしたりします。トレーニング中はもちろん、トレーニング後も参加者を鼓舞し、励ましてくれる存在です。

Previous
Next

アカデミックプログラムについてもっと詳しく知る