プロスペリティ・シンキング

プロスペリティ・シンキング

プロスペリティ・シンキングは、地球の生態学的手段の範囲内で、全ての生物のニーズを満たす世界を設計するための方法論的アプローチです。

経済成長だけでなく、社会的、環境的な豊かさを含む包括的な繁栄の理念を共有し、より良い食糧システムの設計を可能にすることを目的としています。デザイン思考の進化系として、ユーザー中心のデザインにとどまらず、人間や地球を中心とした成長を目指すアプローチです。

プロセス

デザイン思考から繁栄思考への核心的進化は、課題が再構成される方法で示されます。発見段階で参加者は、地球が抱える危機を分析し、境界を越えて駆り立てた人間の欲求を明らかにするよう求められます。

そして参加者は、人間のニーズの隣に地球の手段を埋め込んだ「どのようにしたら・・・」というステートメントを作成します。この「イノベーションのグリーンゾーン」が設定されれば、創造性は解き放たれます。

私たちは、状況に応じたステークホルダーのコミュニティと共に、アイデア出し、共同デザイン、プロトタイプ作成、テストを行っています。これらのステークホルダーは、繁栄主導型イノベーションの大使となり、繁栄イノベーターの役割を体系的な変革エージェントの役割に拡大し、ミクロとマクロを結びつけます。

選ばれたプロトタイプは、長期的な負の影響を最小化または排除するために、影響分析反射を通過します。このステップを踏むことで、持続可能な長期的システムソリューションのためのイノベーションが可能になります。

システム思考

システムのさまざまな要素間(都市、社会、各セクターなど)の相互作用を特定し、それらが各部分の総和以上のものを提供することを保証するアプローチ。

トレードオフに基づく問題提起

私たちは「アクター」が「必要性/目標」を達成し、

「地球の必要性/境界/痛み」を解決できるようにするには、

どうしたら良いでしょうか?

プロスペリティ・シンキングについてさらに詳しく知る

プロスペリティ・シンキングの手法の詳細については、以下のホワイトペーパーをダウンロードするか、または こちら よりトレーニングプログラムについてお問い合わせください。